オールオンスカルプ 成分

オールオンスカルプ成分@オールオンスカルプの効果を支える成分とは?

オールオンスカルプ

しっかりと効果が実感できると発売直後から爆発的な人気のオールオンスカルプ。

 

オールオンスカルプそんなオールオンスカルプの効果を支える成分はどんな成分なのでしょうか?気になりますね。

 

そこで、この記事では、驚きのオールオンスカルプの効果を支える成分を調べました。

 

オールオンスカルプの効果を支える成分が気になる人の参考になれば嬉しいです。

 

オールオンスカルプの効果を支える成分とは

オールオンスカルプ

オールオンスカルプの効果を支える主要3成分を紹介します。

 

オールオンスカルプの効果を支える主要3成分

  • キャピキシル
  • リデンシル
  • フラバンジェノール

 

キャピキシル

オールオンスカルプ

キャピキシルとはカナダの医薬品原料開発会社ルーカスマイヤーコスメティックス(LUCAS MEYER COSMETICS)社が開発・製造している育毛成分で、成長因子である「アセチルテトラペプチド-3」という成分と天然の植物の「アカツメクサ花エキス」を主原料として製造されています。

 

キャピキシルについては「発毛成分として有名なミノキシジルの3倍の育毛効果がある」とか「5αリダクターゼの強力な阻害効果を持ち男性型脱毛(AGA)の抑制効果が期待できる」といった評価があります。

 

ミノキシジルの3倍の育毛効果

キャピキシルを開発したルーカスマイヤーコスメティックス社が行ったミノキシジルとアセチルテトラペプチド-3に対する毛母細胞の反応試験の結果、ミノキシジルが52%、アセチルテトラペプチド-3が156%であったことから「キャピキシルの発毛効果はミノキシジルの3倍」と評価されるようになりました。

 

男性型脱毛(AGA)の抑制効果

アカツメクサ花エキスに含まれる「ビオカニンA」という成分は女性ホルモンと類似した分子構造でAGAの原因物質5αリダクターゼの活性を強力に阻害する効果を持つとされています。

 

5αリダクターゼとは皮脂腺から分泌される還元酵素で、この5αリダクターゼが血中を流れるテストステロンという男性ホルモンと結合すると男性型脱毛症(AGA)を引き起こすジヒドロテストステロン(DHT)となります。

 

つまり、キャピキシルの主原料であるアカツメクサ花エキスに含まれる「ビオカニンA」が5αリダクターゼの活性を抑制するとジヒドロテストステロンの生産が少なくなり、結果、男性型脱毛の抑制効果が期待できるといわれています。

 

リデンシル

オールオンスカルプ
リデンシルとはスイスの原料メーカー「induchem社」が開発したスカルプケアエキスで、セイヨウアカマツ球果エキス、茶葉エキス、グリシン、ピロ亜硫酸Na、塩化亜鉛で構成されています。

 

リデンシルには

  • 頭皮の炎症抑制
  • 毛乳頭の活性化
  • 休止期・脱毛期の短縮

などの効果が期待できます。

 

頭皮の炎症抑制

リデンシルの主要成分EGCG2が頭皮の炎症の原因となるインターロイキン-8を抑制し頭皮の炎症を抑えます。

 

毛乳頭の活性化

リデンシルの主要成分DHQGがバジル領域の幹細胞を刺激し、毛乳頭の細胞を活性化させます。

 

休止期・脱毛期の短縮

リデンシルの主要成分DHQGが細胞を活性化する代謝促進効果により、休止期・脱毛期の短縮が期待できます。

 

フラバンジェノール

フラバンジェノールは、フランス南西部ランド地方に広がる海岸松の樹皮から抽出された天然由来のポリフェノールです。

 

フラバンジェノールは、強い紫外線や潮風から身を守るために蓄えたポリフェノールを豊富に含み肌を若々しく保つ力を秘めています。

 

頭皮に使用すれば頭皮を柔軟にする作用があります。

 

オールオンスカルプ最安値販売店は
こちらをクリック!!

↓↓↓↓↓

オールオンスカルプ最安値販売店へ

 

オールオンスカルプおススメコンテンツ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オールオンスカルプ最安値販売店は
こちらをクリック!!

↓↓↓↓↓

オールオンスカルプ最安値販売店へ